日大生産工学部建築工学科

現在地
ホーム  > スタッフ紹介  > 三上 功生 准教授

三上 功生 准教授

三上 功生 准教授

専門 建築設備、建築環境工学、環境人間工学、温熱生理心理学
研究テーマ 温熱環境のバリアフリーに関する研究、建築環境要素(温熱、空気、光)に関する研究
主な担当授業科目 建築設備Ⅰ, Ⅱ、総合設計、建築実験Ⅰ、建築維持保全
関連リンク
出身地 千葉県我孫子市
趣味 サッカー、車、飛行機、読書、寝る

先生への質問

現在の研究分野について教えてください。

暑いのに汗をかくことができない、寒いのに体内で熱をつくることができない・・・などのように体温調節が難しいという特徴を持つ方々(高齢者、身体障がい者、子供等)の温熱環境について研究を行っています。
体温調節障害を持つ方々が困らずに生活できる方法、違った言い方をすると体温を一定に保つことができる方法を、建築、空気調和設備、医療機器、福祉機器、衣服、寝具、リハビリテーションなど様々な分野から検討しています。

トップヘ戻る

令和4年度の卒業研究について

三上研究室の専門分野は、①福祉環境人間工学、②建築環境・設備、です。
この分野(特に福祉)に興味がある学生を歓迎します。

令和4年度の卒業研究のテーマは下記の通りです。

①頸髄損傷者の至適温湿度範囲に関する研究
交通事故やスポーツ事故などにより頸椎(首の骨)を脱臼または骨折し、それにより中枢神経である頸髄(首の部分の脊髄)が傷ついた頸髄損傷者は、ほぼ全身の体温調節機能が麻痺(この様な言い方をしては語弊がありますが変温動物化)しています。従って、頸髄損傷者の体温が安定する温湿度範囲は一般健常者と比較して、著しく狭いと考えられています。しかし、頸髄損傷者の至適(望ましい)温湿度範囲は具体的に明らかになっていないことから、本研究では人工気候室実験(※人工気候室:温度、湿度が自由自在に設定できる部屋)より頸髄損傷者の至適温湿度範囲を明らかにします。
研究成果は、ほぼ全身の温冷感が麻痺している当事者とその介護者にとって、室内温湿度を調節する際の判断材料(参考資料)となり、また空調設計者にとっても、頸髄損傷者が利用する可能性のある公共施設の空気調和設備を設計する際の資料として利用できると考えています。
本研究の成果は、頸髄損傷者のQOL(生活の質)向上に繋がるものと信じています。

参考動画:障害者の熱中症~ちばえりな取材記~
https://sports.nhk.or.jp/paralympic/article/reporter/eb40e56de27b426498b0728fd106517a/

②学校体育館の温熱環境に関する研究
学校の体育館は、近年の自然災害の増加に伴い、避難所としての役割を担うことが多い傾向にあります。避難所となった体育館は、一定期間居住スペースとして使用される可能性があります。その場合、一般成人、子供、高齢者、障がい者などが同時に使用するため、体温調節機能に問題を持つ高齢者や障がい者には、特別な熱的配慮が必要となります。そこで、ある地域の学校体育館における空調設備の設置状況や、体育館の温熱環境の実態などについて調査を行います。

③自由テーマ
温熱・空気・光に関する興味があることについて研究を行ってください。独自のテーマ設定をおおいに歓迎します。

教員、学生が一体となって、頑張っていきましょう。

トップヘ戻る

令和3年度ゼミナールBについて

■令和3年度ゼミナールBについて
前期の建築設備Ⅰの授業に引き続き、ゼミナールBの授業を受講することで、建物における建築設備の重要性について理解を深めていって欲しいと思っています。

基本的なところで・・・
ダクト:空気の通り道
配 管:液体、蒸気などの通り道

●1コマ目(90分):配管設備設計の基礎を学ぶ
具体的には、小規模オフィスを題材として・・・
①排水管、給水管の太さの求め方などについて学ぶ。→給排水衛生設備の分野のお話
②ファンコイルユニットに冷水(冷房用)、温水(暖房用)を送る冷温水配管の太さの求め方、また冷温水を送り出すポンプの選定方法について学ぶ。→空調設備のお話
③時間があれば、トピックスとして、面白い建築設備の事例・工夫を紹介する予定

●2コマ目(90分):キャリアサポートの時間
皆さん就職活動を控えていますので、下記、建築設備に関する企業をお招きし、キャリアサポートを行う予定です。
①建築設備設計事務所
②サブコン(設備の工事会社)
③ゼネコンの設備部
④建築設備の保守・管理会社
⑤建築設備の積算事務所
⑥照明メーカー
※是非、就職活動の参考にして欲しいと思っています。

トップヘ戻る

建築の道・現在の専門分野に進んだ理由を教えてください。

建築を志した理由というと・・・、う~ん、自分の住む家を自分で設計してみたいというありがちな理由だったと思います。ただ大学に入って、どうもデザインセンスが無いように感じて、将来どうしようかなと考えていた時に、「建築設備実験」という授業を受けました。空調機の性能を測定する実験だったのですが、面白かった。よし、建築設備を専門にしようと思った瞬間でしたね。大学3年生の秋頃の出来事でした。

トップヘ戻る

どんな大学生でしたか。

1年生は不真面目でしたね。1年終了時には20単位しか取得できず、新京成線の電車の中で「4年で卒業できるのか?」と焦ったことを覚えています。2年生から真面目に授業に出席するようにしました。私が在学していた大学は、卒業に必要な単位数が136でしたが、大学卒業時の取得単位はジャスト136でした。単位は1年生から確実に取得するようにしましょう。後々きつくなりますからね。

トップヘ戻る

現職に就かれるまでの経歴について教えてください。

大学の教員になる前は、建築設備の設計事務所に勤務していました。オフィス、博物館、駅舎などの空気調和設備と給排水衛生設備の設計をしていました。アトリエから建築図面のデータをもらって、ダクトや配管、設備機器類などを書き込むことが主な仕事でした。あるおじいちゃん建築家と仕事をしたときは、「わしはCADを使わない主義だ!」と言われてしまい、手書きで設備図面を書いたことがとても印象に残っています。辛かったですね~。

トップヘ戻る

教育において、どんなことを重視していますか。

大学生の皆さんには、今何をすべきかということをしっかり判断できる能力を身につけて欲しいと思っています。適切な判断能力は大学卒業後、社会人として生活を送る上で絶対に必要ですからね。物事の優先順位の付け方を間違えないように・・・と学生にはよく言っています。

トップヘ戻る

ご趣味について教えてください。

旅客機の模型を集めることが趣味です。父親が航空会社に勤めていたこともあって、飛行機が大好きです。空港にいるとテンションが上がってしまいます。出張もなるべく飛行機を使うようにしています。機体のカラーリングをみれば、おおよそ航空会社を当てることができると思います。私の研究室には飛行機の模型がたくさん飾られているので、見に来て下さいね。

トップヘ戻る

建築を志望している学生や在学生へのメッセージをお願いします。

建築はとても領域が広いものだと思います。私の研究内容は医学や生理学の分野にもまたがっています。建築というと「設計」という文字がすぐ頭に浮かんでくるかと思いますが、様々な可能性に満ちた世界が広がっていることを見て、知って、感じて下さい。

トップヘ戻る